離婚で慰謝料を請求する時の注意点

慰謝料は、離婚協議をおこなっている時に、最も大きな問題ともいえます。
離婚協議をした人で、慰謝料の金額に折り合いがつかなくて協議離婚、調停離婚でも話が決まらず、最終的に裁判離婚までもつれ込んだという人もいるのではないでしょうか。

この離婚の慰謝料を請求するときに注意しないといけないことがあります。

まず、前提条件として、慰謝料の請求は有責配偶者から精神的、または肉体的な被害を受けた場合に、請求する損害賠償を言います。
そのため、慰謝料の請求をする人は、離婚の原因が相手の不貞行為だったケースが多いでしょう。そういった不倫のケースの場合は、慰謝料は配偶者と不倫相手に請求することができます

しかし、この慰謝料の請求する金額が問題になってきます。
修羅場を経験したことがある人の話を掲示板などで見てみると、「慰謝料の金額2000万円」といった物も目にします。
はたして、通常2000万円もの慰謝料を請求することはできるのでしょうか?

慰謝料の金額を決める参考となるのが、婚姻期間の長さと有責配偶者が離婚の原因を認めていることです。不倫の場合は、不倫相手も認めていることや、書面などで損害の補償を行うと約束した場合など、他にも色々な条件が加味されて金額が算出されます。


そして、一番大事なのは、請求する慰謝料の金額が、有責配偶者に支払うだけの収入があるのか?といった点です。

収入がない場合に高額な慰謝料を請求してしまうと、慰謝料請求さえできない場合もあります。慰謝料を請求する前に、どれだけ請求したらいいのか、弁護士へ相談をすると良いでしょう。自分で相手の収入を計算し、請求金額を算出する方法もあります。

コンテンツ

リンク

大阪弁護士会

興信所の百科事典

Copyright© 2014 ナックルTV All Rights Reserved.